岡山県医師会

TOP >  岡山県医師会について >  会長挨拶

会長挨拶

岡山県医師会ホームページにようこそ!

平成30年6月に、岡山県医師会の役員が交代しました。今後2年間の会務を運営します岡山県医師会会長の松山正春です。20歳の時に「東京オリンピック」の聖火リレーの走者として、清輝橋から中央郵便局まで走りました。年齢はご推察ください。

さて、岡山県医師会館も駅元町に竣工以来2年余りとなり、医師はもとより県民の皆様の認知度も向上し、土曜・日曜日はなかなか予約が取れない状況になっています。

一方、岡山県医師会では会員の先生方は日常の診療だけでなく、学校検診、予防接種等の公衆衛生活動、産業医を中心とした産業保健活動も行っています。また、禁煙・受動喫煙防止、人生の最終段階における医療、健康寿命の延伸等の事業も行っていますが、県民への浸透は今一歩というところかと思っています。

これからは県民と直接対話し、膝を交えた議論を行い、県民の意識改革に寄与できればと考えています。まだまだ課題がたくさんあります。地域包括ケアシステムの構築もその一つです。

 このホームページでも、岡山県医師会の活動を随時アップしていきます。ご意見を聴かせていただけたら幸いです。

岡山県医師会会長 松 山 正 春

ページトップ