医師会の概要
沿革
大正8年(1919) 真庭郡医師会設立(初代会長 杉山鉄太郎)
昭和17年(1942) 医師会令の改正により、岡山県医師会真庭支部と改名
昭和22年(1947) 社団法人 真庭郡医師会となる
昭和45年(1970) 創立50周年記念として真庭郡医師会館が落成
平成17年(2005) 真庭郡8町村と上房郡北房町の合併により真庭市が誕生
「真庭市医師会」に名称変更する
平成26年(2014) 一般社団法人 真庭市医師会となる
真庭市医師会の区域
所在地 〒717-0013
岡山県真庭市勝山667
maniwa
区域 真庭市および真庭郡新庄村
管内の概況
当地域は、岡山県の北部に位置し、南部は吉備高原の北に続く山間に平坦な盆地が続き、北部は中国山地を構成する千メートル級の山並みと、そのすそ野に高原 が開けている。気候は、南部は内陸型気候に属し、概して温暖であるが寒暖の差は大きい。北部は雨量、積雪も多く冷涼であり気象条件にかなりの差がみられ る。
真庭市および新庄村を区域としており、面積は895,56平方キロメートルで県全体の12.6%をしめ県下一の広さである。
産業は農林業が中心であるが、広域高速道の整備により、観光面の振興が期待されている。
人口は減少を続けており、このため管内の高齢化が急速に進み、高齢化率は35.1%と県の27.1%、国の25.1%を大幅に上回っている。この地域の医 療機関の状況は、7病院、28診療所が真庭市医師会に加入しており、医師の会員数は75名であり、地域住民にとっては、他の地区に比べ恵まれた医療環境に あるものと思われる。
真庭市医師会の主な活動
  1. 保健福祉活動への参加
    1. 高齢者福祉対策への積極的な取組み
    2. 介護保険制度への対応
    3. 市・村の総合計画への参画
  2. 公衆衛生活動への参加
    1. 真庭圏域保健医療対策協議会への参加
    2. 地域住民の健康教育への参加
    3. 成人病検診の実施
      特定健康診査、特定保健指導、各種がん検診等の実施
    4. 学校保健への協力
    5. 予防接種事業の実施
    6. 産業医活動の推進
  3. 救急医療対策
    1. 真庭圏域救急医療体制推進協議会への参加
    2. 休日救急当番医および2次救急の実施
    3. 高速道の救急体制への協力
  4. 生涯教育講演会、研修会の開催
  5. パラメディカル職種の対策
    1. 落合高校衛生看護科、専攻科の講師としての協力
    2. 看護協会研修会および検査技師研修会等への協力
  6. 会員相互の親睦と協調
    1. 真庭市医師会報の発行、会員親睦会の開催