ご存じですか。自動体外式除細動器「AED」

目の前で突然に倒れた人を見かけたらどうしますか。

まず声を掛けて意識を確認し、救急車の到着までの時間を落ち着いて対処することが大切です。

そこでの心肺そ生法には気道確保、人工呼吸、心臓マッサージなどがあり、その人の生命予後を大きく左右することになります。

最近では、突然の心臓停止時に電気ショックで心臓の動きを正常に戻す自動体外式除細動器「AED」が、不特定多数の人が集まる施設やスポーツ現場に設置され、突然死からの救出に大きな成果をあげ、急速に普及しつつあります。

突然の心臓停止は人工呼吸や心臓マッサージだけで心臓を正常に戻すことはできません。一刻も早くAEDで心臓にショックを与え、血流の再開をさせることが救命への第一歩です。これまでは医師、看護師、救急救命士にしか許可されていませんでしたが、平成16年7月から現場に居合わせた一般市民も使用が認められました。操作はとても簡単で、高度な知識は必要なくAEDの音声指示に従い、だれもが使用できます。

緊急時に役立つAEDは県庁、桃太郎スタジアム、空港など公共施設のほか、デパートなどにも設置されています。いつ身近な問題になるか分かりません。日ごろからAEDに気をとめて、いつでも有効活用できるようにしたいですね。