ピロリ菌をご存じですか
皆さんは、すでに「ピロリ菌」という名前を聞いたことがあるのではないかと思います。

従来、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、攻撃因子(ストレス、アルコール、胃酸、かぜ薬など)と防御因子(胃粘液、胃粘膜血流、プロスタグランディンなど)のバランスが崩れることによって発症すると考えられていました。しかし、近年、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)という胃の中にすむ細菌が有力な原因の一つであることが明らかになりました。

これまで、胃の中は、強い酸性のため、細菌はすめないといわれてきましたが、1983年にオーストラリアの2人の医師によって、胃の中から細菌が発見され、ピロリ菌と名付けられました。このピロリ菌は、そのかわいい名前とは裏腹に、さまざまな毒素を出して、胃炎・十二指腸潰瘍を引き起こすといわれています。ピロリ菌の感染経路は、まだはっきりと分かっていませんが、水を介した経口感染と考えられて、日本人の40歳以上では、約80%がピロリ菌に感染しているともいわれています。

このピロリ菌を殺すと、大部分の人は、潰瘍を再発しなくなることが分かっています。これが除菌治療といわれているものです。最近では、潰瘍患者の治療として、除菌治療が第一選択として行われています。何度も潰瘍が再発して困っている人は、除菌をお勧めします。

また、慢性胃炎は、胃がんの発生母地として以前から指摘されており、ピロリ菌は、胃がんの発生にも関与しているということも分かってきました。そこで、胃の不調がなかなか取れない人は、一度病院でピロリ菌の検査を受けてみてはいかがでしょうか。