目の病気は眼科専門医で
視力が落ちてきて眼科医を訪れ、たとえば近視であるとか白内障であるとか、わりあい身近によく知っている病気の診断を受けると、それ以後更に視力が落ちても近視が進んだのだろう、白内障が進んだのだろうと自分で判断して、ただメガネを作り替えたり薬局や病院で目薬だけもらい続けている方があります。

しかし、近視の人でもいつの間にか別の治療の必要な目の病気にかかっていて、そのために視力が落ちてきていることもあります。学校検診で視力低下を指摘され、眼科を受診して網膜剥離や先天性緑内障が見つかった人もあります。また、白内障のような年齢の高い人に多い病気の場合、特別に注意が必要です。自分ではそんなに変化はないと思っていても、緑内障などの自覚症状の比較的少ない病気が始まっていて、急いで手術をしなければならなくなっていたり、すでに手術も効かないところまで進んでしまっている方まであります。近視、遠視、乱視や老眼でメガネを作り替えるときや白内障などの目の病気の人は、定期的に眼科専門医を受診して検診を受けなければならないと思います。

目の病気は、おっくうがらずに眼科専門医で診てもらいましょう。