糖尿病と眼
糖尿病の治療が進歩してくるとともに、全身病により死亡する人は減少しましたが、眼の合併症は増加してきています。眼の合併症としては網膜症、白内障、虹彩炎などがありますが、最近では高度の視力障害を来し、失明統計の上位を占める網膜症が最も重要な病気となっています。糖尿病性網膜症は眼底に出血などを起こして、網膜剥離を来して失明する恐ろしい病気です。

この網膜症は大きく分けると単純型と増殖型があります。単純型は小さい出血などがありますが、網膜の中心部に著明な変化を起こさない限り失明はしません。しかし程度によっては治療が必要となります。増殖型は網膜硝子体出血を来し、その後網膜剥離から網膜の変性萎縮を来して失明の原因となります。従って、時期に応じた早期治療が最も大切です。治療は薬物療法、光凝固術などがあり、これが適切な時期に行われると有効で失明を予防することができます。末期には硝子体切除も行われますが十分な効果は期待できません。早期発見、早期治療が最も大切です。

糖尿病のある人は単純型では1〜2か月に一度、増殖型になると1〜2週に一度は専門医で眼底検査などを行い、適切な処置を早期に行い、失明予防に心がけてください。