はやり目
ビールスにより大変よく人にうつる結膜炎をはやり目といいます。結膜炎にはアレルギー、異物などによるものもあり、これは人にはうつりません。ばい菌によるものは人に結構うつりますが抗生物質の点眼により比較的早くよくなり、あまり流行しません。はやり目にはビールスの種類により、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、咽頭結膜熱(プール熱)があります。

症状は目が赤くなり、目やにや涙が出て、ゴロゴロしたり、痛むこともあります。耳前のリンパ腺がはれることもあります。成人では角膜(黒目)にホシが出たり、子供では結膜に白い膜が出たり、熱が出ることもあります。早めに治療することが必要ですが、最初の1週間位はかえって悪化することもあります。これは体の抵抗力ができている時期ですので、目の安静を保ち、十分治るまで治療を続けてください。

最も大切なことは、人にうつらないようにすることです。目に直接さわらないようにし、手を石けんでよく洗い流し、洗面道具を共用しないでください。学校など集団生活では大流行を起こすことがあります。炎症の強い時は学校に連絡して休んでください。プールなど水泳は治るまで絶対にしないでください。