メガネ
多くの人がメガネを使っています。一生のうちにメガネが不必要な人は少なく、若い人では近視で、老人では老視でメガネをかける人が多いと思います。

メガネを必要とする場合は、近視、遠視、乱視などの屈折異常の時、老視など調節異常の時があります。他にも斜視や弱視で治療上メガネをかける必要のある場合もあります。また、白内障の手術をした後にメガネをかけることもあります。

メガネの度があっていないと見えにくいことが多く不自由になります。また、眼が痛くなったり、頭が痛くなったり、目が疲れやすくなったりします。気持ちが悪くなったり、いらいらすることもあります。メガネの枠も大切です。うまく合っていないと痛くなったり、見えにくくなることもあります。時々眼鏡店で修正して顔に合わせてください。

メガネの度は器械で測ったのみでは度が強すぎたり、ひどいと遠視が近視の度になったりします。視力が悪い時は他の眼の病気のこともあります。メガネを合わせる時は眼科できちんと検査をして眼鏡処方箋を書いて貰ってください。自分によく合った度のレンズとよく合った枠を用いて気持ちよく明るい生活を送ってください。