黒いものが見える
ある日突然、目の前に黒いもの(蚊、ハエ、スス、糸くずのようなもの)が見えて邪魔になり、手で払いのけようとしてもとれない。眼球を動かすと一緒について動く。このような症状を飛蚊症といいます。眼球は瞳孔のすぐうしろに水晶体(混濁すると白内障です)があり、そのうしろは硝子体という寒天のような半流動体の透明な物質で満たされています。硝子体の中に濁りができますと飛蚊症を自覚します。

歳をとりますと硝子体も老化して濁りができます。この場合、治療しなくて良い時と、後部硝子体剥離から網膜に裂孔ができ、更に網膜剥離を起こす恐れがあり、すぐ治療しなければいけない時とあります。後部硝子体剥離は60歳前後に好発します。高度近視では10歳以上早く起きるようです。網膜裂孔だけなら外来治療ができますが、網膜剥離になりますと入院治療を必要とします。

その他、老化に関係なく、網膜の出血が硝子体に及んだ時、葡萄膜炎等の炎症がある時等、飛蚊症で初めて病気に気づくことがあります。

飛蚊症を自覚したら眼科を受診して、原因に応じた早期治療を受けましょう。治療を要しないものは時々経過をみていただき、無駄な心配はしないで生活しましょう。