ドライアイ

目が疲れやすいとか、何となく目に不快感を感じる人はいませんか。
これらの原因として最近注目されているのが、目の乾き、「ドライアイ」です。昔から、涙液減少症、乾性角結膜炎などの病名が付けられています。

ドライアイは、涙の減少あるいは質的な変化により目の表面に障害を生じる病気です。目が乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると目の表面に無数の傷が付く場合があります。主な症状は、目の疲れ・不快感・乾いた感じ・重い感じなどです。

原因には、

(1) 涙の質や量の低下(高齢、ストレス、病気やある種の降圧剤や精神安定剤)
(2) まばたきが少ない(コンピュータやワープロ、運転、読書、細かい作業で目を酷使する場合)
(3) 涙が蒸発しやすい(目が大きい、乾燥した部屋)
(4) その他(コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎、大気汚染、紫外線)

などです。

その対策はどうしたらよいでしょうか。日常生活では、

(1) コンピュータ作業などでは疲れたら休みましょう
(2) ワープロやテレビなどの画面は目よりも下の方に置き、直射や照明の反射しない見やすい環境をつくりましょう
(3) 部屋の湿度を保つよう加湿器を置く

などし、冷暖房時に注意しましょう

次に、目薬は症状の長引く場合や重症の場合、眼科を受診して、医師の指示に従う方がよいでしょう。軽傷の場合、市販の目薬でよい場合もあり、医師と相談して使うようにしましょう。