年齢とともに増える目の病気

気持ちは若いつもりでも、何となく目がかすむ・明るい所でまぶしく感じる・暗い所で読書していると、かすんできて頭が痛くなる・物がゆがんで見えたりする、なんて経験はありませんか。年齢を重ねるにつれて、白内障・緑内障・加齢黄斑変性といった目の病気が増えてきます。

白内障は目の中のレンズにあたる水晶体が濁ってきて、まぶしさやかすみといった症状から始まり、次第に視力が落ちてきます。手術で治せる病気ですが、進行を防ぐためには紫外線対策を心掛けましょう。

緑内障は以前は眼圧の高い病気と考えられていましたが、眼圧が高くないタイプの患者が多いことが分かっています。40歳以上の日本人の約20人に1人が緑内障で、加齢とともに増加しており、現在、失明原因の第1位になっています。症状がないことも多いのですが、早期発見が何よりも大切です。

加齢黄斑変性は物を見るために一番大切な網膜の中心にある黄斑部というところが傷む病気で、最近増えてきています。見たい所が暗いとかゆがむといった症状で気付きます。

目は2つありますので、片目だけの症状にはなかなか気が付かないものです。必ず片目ずつ隠して、右目と左目の見え方の違いをときどきチェックしてみてください。そして40歳を過ぎたら、年に1度は目の検査を受けることをお勧めします。