水虫について
水虫は、白癬菌というかびが足、時に指の表面に生えてできる病気ですので、人間が靴や靴下を履き出してから広くまんえんしてきた病気です。このかびは皮膚の一番表面の角質層という膜や、毛、爪の中で繁殖しますので、水虫の人の剥げている皮の中には多数のかびがおります。何かの機会にこれが足についてもすぐに病気ができるのでなく、かびの好む温度と多湿のもとで、かなり長い時間ついていないと皮膚に侵入しないので、足、特に趾間をよく洗うこと、できるだけ素足に近い条件で生活するように心がけることが水虫の予防になります。

もし、かびが侵入して水虫ができた時には、早く治療すれば簡単に治ります。古くなると足全体に拡がって治療に根気が必要になります。水虫ができてあわてたり、人にすすめられていろいろな薬をつけて悪化させる人が多いので、医師の指示を受けて治療するのが一番ですが、もし、市販の薬を使用される時には、注意書を良く読んで使用してください。

また、手足に水泡ができたり、皮が剥げて痒いのはすべて水虫ではなく、他の病気で非常によく似るものがあります。専門医で顕微鏡検査をすれば簡単に区別できますので、間違った薬をつけて悪化させないようにしてください。