うおのめ
うおのめは、皮膚の一番外側にある角層という所が、足の裏や足の指で小さなくさび状のかたまりになり、中へ突きささる状態になったものです。丸い形で、まわりと境ができるので表面から見ると魚の目のように見え、圧すと刺すように痛みます。

できる仕組みは手にできるまめと同じで、硬いもので長い間皮膚が摩擦を受けることに対する反応です。まめは盛り上がってきますが、圧迫のため中に入り込むのがうおのめです。

足に合わない靴をはいていたり、足の形や歩きぐせで足の一部に長い間刺激と圧迫が加わるためにできるものです。

痛い時はメスやハサミで取り除いたり、市販のうおのめ薬をつけて軟らかくして削れば一時的に痛みが取れます。手術的に切除したり焼き取る方法も行われます。しかし、同じ条件が続けば再発することもあるので靴の方を工夫する必要があります。

足に指にできれば先に余裕のある靴に変えたり、足の裏ならうおのめの当たる所に穴をあけた底敷きを靴底に入れ、うおのめが底に当たらないようにしたり、いろいろと工夫すると自然に治ることもあります。

なお、足の裏にできる硬いものは、うおのめだけでなくいぼのことも多く、時には皮膚癌の場合もあります。