アトピー性皮膚炎
秋から冬にかけて、アトピー性皮膚炎がしばしば悪くなります。この病気は遺伝性のアレルギーであるアトピー体質が基盤になり発症します。思春期になり突然生じることもありますが、普通は乳幼児などに多く、頑固な慢性の病気でお母さん方を悩ませます。

寒い季節になると皮膚が乾燥してカサカサしたり、小さなブツブツができて鳥肌状になり掻みがあります。また、肘の内側、膝の後、わきの下、手首や足首、くびなどの大きな関節に一致して症状がひどくなりやすいのが特徴です。砂遊びや球技などが過ぎると手指が赤ギレして痛いこともあります。

治療はステロイド(副腎皮膚ホルモン)軟膏が主体になりますが、最近は副作用の少ない良いものがたくさんあり、専門医で時々診てもらっている限り、その使用を過度に恐れることはありません。症状がやや激しい時は、低刺激性の石けんを使うと無難です。ナイロンタオルなどで強くするとかえって悪化します。下着は木綿のものが好ましく、食事は普通、何を食べてもかまいません。ビタミンやカルシウムなどとはまったく関係がありませんから、余計な話にお母さん方も惑わされないことが大切です。