おむつ皮膚炎
おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)は、単純に言えば、湿ってふやけて弱くなった皮膚が、尿や便のためにかぶれたり、おむつカバーでこすれたりしてできる皮膚炎です。

おむつ皮膚炎を防ぐには尿や便が出たらすぐにおむつを取り替えてあげることです。おむつ皮膚炎ができてしまったら、便が出た時だけでなく、尿だけの時も、おむつを替えるたびにおしりをぬるま湯で洗うか、たれ落ちるくらい十分な水(ぬるま湯)を含んだティッシュやガーゼなどで洗い流す気持ちで優しくぬぐい、こすりあげないで押さえるようにして拭き、よく乾いてからおむつをしてあげてください。軽いうちでしたら、このような皮膚の手入れだけできれいになります。手入れだけで良くならない時は、カンジダというカビによる皮膚炎のこともあります。受診して、それぞれの病状に合った塗り薬等を処方してもらってください。

昔に比べ、近ごろの紙おむつの性能は良くなり、2回くらい尿が出ても漏れないものもあるようです。そのため、夜は紙おむつにしているので朝までおむつは替えないというお母さんが時々おられます。これは皮膚によくありません。昼も夜も、尿や便が出るたびにおむつを替えてあげてください。