水虫について

水虫は白癬菌と呼ばれるカビの一種が、皮膚の角質層に寄生して起こる感染症です。今回は、最も多い足の水虫(足白癬)を中心に述べます。
水虫は大きく3つに分類されます。

・趾間型

足の指の間にできるタイプで、水虫全体の半数以上がこれです。かゆみはかなり強く、患部が白くふやけて皮がはがれたりします。

・小水疱型

土踏まずや足の側縁に小さな水疱ができ、やがてポロポロと皮がむけてきます。落ちた皮から他人に感染を起こすこともあります。
この2つのタイプは外用薬(抗真菌薬)で、正しく治療すれば1〜2か月でよくなるはずです。

・角質増殖型

足の裏全体がガサガサになり、固く厚くなります。水虫と気付かないことが多く、難治であり内服の抗真菌薬が用いられます。

また、長年水虫を放置していると、爪にくることがあります。外用薬はほとんど効果なく、内服薬を使う必要があります。

水虫は治らないものと思っている人がいますが、きちんと治療すれば必ず治ります。外用薬は風呂上がりに塗るのが効果的ですが、症状がよくなってもさらに1か月以上は塗り続けます。再発を防ぐためには、足を常に清潔に乾燥させること、水虫の人とバスマットやスリッパを共有しないこと、掃除をよく行うことなどが必要です。

足にできる発疹がすべて水虫ではありません。正しい診断の下での適切な治療が必要です。