テニス肘 −上腕骨上顆炎−
最近、テニスやママさんバレーなどで肘の痛み、さらに腕全体の痛みを訴える人が多いようです。通称テニス肘といわれ、正しくは上腕骨上顆炎(外側と内側がある)と呼ばれるものです。必ずしもテニスのやり過ぎだけから起こるものではなく、いろいろな原因による前腕や手首の使いすぎにより起こるものであり、比較的主婦に多く、タオルを絞る時、あるいはドアのノブを回す時などに肘に激痛を来たします。多くは、上腕骨上顆部の筋肉の微細断裂、骨髄炎、関節包炎などが原因とされています。

診断は、肘の外側の圧痛、肘を伸ばしたまま重い物を下げると痛みが増す症状から容易にわかりますが、レントゲン検査では異常を認めないことが多いようです。治療としては、手首や腕の運動制限、安静を保つことが最も大事で、その他、鎮痛消炎剤の局所塗布や温湿布、痛みが強い場合は局所への注射治療などが行われます。家庭でもできる治療としては、シャワーなどを用いて温冷を反復して行う交代浴が有効です。

また、テニスをする時は、無理のないフォームをマスターすることが大事ですが、運動刺激の加わる点を移動させて肘を保護するために、前腕にテニスエルボーバンドを使用することも良いようです。