性感染症、特にクラミジア感染症について

昔、性病と言いましたが、最近は性感染症と呼びます。
性感染症は増加傾向にあり、その中でも「昔、淋病、今、クラミジア」と言われるクラミジア感染症が最も多く、また、年々増加しています。

女性が感染した場合、おりものがわずかに増えたり、排尿時に軽い痛みを感じたりしますが、その他の自覚症状が乏しいため感染に気付かず、パートナーに移してしまう危険性もあります。

症状が進むと卵管炎や子宮内膜炎を起こし、不妊症になったり、妊娠しても子宮外妊娠を起こすこともあります。妊娠中だと赤ちゃんが結膜炎や肺炎になることもあります。性感染症など自分には関係ないと思っていませんか?

確かに、「特別な病気」というイメージがあるかもしれません。たった1回のセックスでも感染してしまう可能性もあります。おかしいと感じたら、早めに診察を受けましょう。

クラミジア感染症は、おりものや血液によって診断できます。治療は内服薬です。自己判断で服薬を中断したりせず完全に治るまで薬を飲み続けましょう。

性感染症にかかっていることが分かったら必ずパートナーに話をして検査を受けてもらいましょう。治療の原則は「パートナーと一緒に治療する」ことです。