中耳炎について
鼻を強くかむと耳にツンとひびくことがありますね。あれは鼻の奥と耳をつないでいる耳管という管があるためで中耳炎も主に耳管を通って鼻やのどの炎症が中耳に進むことで起こります。鼻やのどの病気、ことにかぜの時にはあまり強く鼻をかまないようにしましょう。中耳炎の多くは強い痛みで始まりますが、中にはあまり痛まず、耳のつまり、耳鳴りだけのこともありますので、耳が変だと感じた時は、こじらせないうちに早く専門医に相談してください。

中耳炎は初期に適切な治療を行えば、多くは完全に治りますが、乳児期、体質、治療の中断等がもとになって慢性中耳炎になったり、中耳カタルと呼ばれる状態になることがあります。また、不幸な場合は更に深部に進んで、脳膜炎等を起こすこともなくはありません。

何といっても耳の役割は言葉を聞きとることが第一です。したがって中耳炎の場合も、聞えが完全にもとに戻ることが大切です。痛みが止まったとか耳だれが止まっただけで治ったと思い、治療を中断することが難聴を残したり、再発を繰り返すもとになり、かえって治療を長引かすことになりかねません。特に乳幼児の場合は耳の聞えの検査が困難ですから、よく医師の指示を守り完全に治してください。