滲出性中耳炎
最近、滲出性中耳炎(中耳カタルともいう)という鼓膜の奥の中耳腔に水がたまる病気が増えています。水といっても、ねばっこい粘液なので、鼓膜の動きが悪くなり、難聴を来します。しかし、急性中耳炎のような激しい耳痛がないので、小さい子供は殆ど症状を訴えません。そのために発見されないままで放置されていることが多いのです。幼稚園から小学校低学年の児童に多い病気で、難聴のために学校で先生の話を聞き違えることがあります。また、難聴だけでなく、落ち着きがなくなり、授業中でも何となくぼんやりしていることがあります。

この病気は親が少し注意をして子供を観察すれば発見することが出来ます。軽い難聴なので、一対一の会話では、難聴に気付かないことがありますから、少し離れた所から小さい声で話しかけてみるとか、テレビを見るのに音を大きくしたり、テレビに近よってみるようになっていないかどうか、といったようなことに親が注意して早く見つけてやることが大切です。

放置していると、学業にも情緒面にも悪影響を及ぼしますから、早期に発見し、専門医で適切な治療を受けるようにしましょう。