めまい

あるとき、急に自分の体がクルクル回りだしたり、体がフラフラ・フワフワすることがあります。

めまいとは、実際には動いていない自分があたかも動いているように感じる錯覚なのです。人の内耳には、聴覚と平衡感覚を感知する重要な器官が入っています。めまいの約80%は、内耳に原因があるとの統計があります。

さらに、めまいは脳に障害、たとえば、腫瘍や出血があった場合にも起こります。これを「中枢性めまい」といいます。この場合、めまいは長時間続き、顔や手足の感覚運動の障害、舌のもつれ、意識障害などの症状を伴うことが多いようです。

では、急に目が回ったらどうすればよいのでしょうか?。目が回るだけで意識障害、運動まひなどがなければ、とにかくじっと横になっていてください。内耳に原因のあるめまいの場合、数十分で必ずめまいは落ち着きます。それから医者に行けばよいでしょう。

一方、目が回って、手足のまひ、意識障害などが見られる場合、これは早急に脳神経外科の医師に診てもらう必要があります。

めまいは、人が最も不快と感じる体の状態の一つです。早く原因を突き止めて、的確な治療を受けましょう。