不整脈

私たちの心臓は、自動的に毎分60〜70回の拍動を繰り返しており、拍動による血流が動脈に伝わったものが脈です。脈は通常は規則正しいのですが、不規則になったり異常に速くなった場合を「不整脈」といいます。

少し専門的になりますが、心臓は、右心房にある洞結節という発信所から出た電気信号が、刺激伝導路を通って心臓全体に伝わり、拍動します。不整脈はこの電気系統の障害によって起こるのです。

不整脈は、主に心電図で診断されますが、日常最も多いのは「期外収縮」という不整脈です。これは、心臓の筋肉から異常な電気信号が発生し、時々不規則な拍動をするものです。そのほか頻拍症、伝導障害、心房細動などがあります。

一般的には、不整脈、特に期外収縮は健康な人にもよくみられ、害のないものが多いといわれています。ストレス、睡眠不足、飲酒、喫煙などが引き金になって起こります。出現頻度が少ないものや自覚症状がないものは、治療の必要はありません。しかし、心臓病を持っている人の場合、不整脈による自覚症状の強い場合は、(ときに緊急に)治療が必要になります。

自覚症状として多いのは、「動悸がする」、「脈がとぶ」などです。治療を要するかどうかの自己判断は難しいこともあるので、不整脈に気が付いたら早めに循環器外来の受診をお勧めします。