冬の乳幼児の下痢
下痢は細菌やウイルスの感染で起こるだけでなく、アレルギーやストレスでの誘発など、さまざまな原因で起こります。

乳幼児に多いのはウイルス性下痢症で、ロタウイルスというウイルスが原因であることが多く、季節的にはほとんどが冬に集中しています。

ロタウイルスによる下痢は一般に、仮性コレラ、白色便性下痢症、白痢などといろいろな呼び方がありますが、米のとぎ汁のような白い便が特徴とされています。また初期状態として嘔吐を伴うことも多く、この場合には、流行性嘔吐下痢症とも呼ばれます。

嘔吐や下痢によって、乳幼児では比較的簡単に脱水症を起こしてしまいます。脱水症がひどくなると、手足の先や口唇が紫色がかったり、意識がもうろうとしてうとうとしたり、ひきつけたりすることさえあり、この場合にはすぐ入院の必要があります。

家庭でできる治療で最も大切なことは、失われた水分を補給することです。白湯、うすい番茶などから、少しずつ与えていきますが、最近は乳児用イオン飲料が市販されており、水分だけでなく電解質も楽に補給できるようになりました。しかし、その適切な与え方は、病状、経過、年齢などによって変わってきますので、必ずかかりつけの小児科医の指示に従ってください。