かかりつけ薬局
お医者さんや歯医者さん等の医療機関から発行された処方せんに基づき、患者さんの選んだ保険薬局において調剤が行われることを保険調剤といいます。保険調剤ですから社会保険や健康保険が使えます。

最近、処方せんを発行する医療機関が増えていますが、この場合患者さんは自分の都合の良いところに、かかりつけの薬局をつくっておくと大変便利です。「かかりつけ薬局」では患者さんの服用されている薬の控えを記録して別々の医師から処方された薬や、大衆薬との飲み合わせによるチェックをして副作用等が起こらないよう服薬指導や薬の相談を行い、さらに医師への受診紹介などを行って、患者さんの健康維持管理、医療サービス向上に努めています。

保険調剤では処方せんの有効期間が4日間ありますので、いったん薬局に処方せんを預けたあとで都合の良いときに調剤された薬を取りにいくこともできます。最近、FAXによって処方せん内容をあらかじめ病院から患者さんの選んだ保険薬局へ送信する方法が一部の病院で行われています。患者さんの病院での待ち時間もなくなり大変便利です。この場合、薬局では正規の処方せんと引き換えに薬をお渡ししますので、受け取りのときに正規の処方せんを必ずFAX送信した薬局へ持参してください。