診療受ける時は、次のことに注意しましょう
患者と医師の間には、まず信頼感が一番大切です。そうしなければ病気は治りません。ですから、患者はお医者さんにすべてをまかせて治療を受けることです。

医師は患者から聞いたことで一身に関することは、絶対に口外しないはずです。すべてありのままに話さないと、診断に間違いが起きる恐れもありますので、聞かれたことは率直に答えましょう。

お医者さんに尋ねたいことは遠慮なく聞きましょう。しかし、必要なことだけを要領よく聞きたいものです。

休日急患当番医は往診はしないことになっています。

健康保険被保険者証を必ずご持参ください。