食中毒にご用心

梅雨時から夏場、さらに食欲の秋にかけては、食中毒の発生しやすい時期です。わが国における食中毒のほとんどは細菌性食中毒ですが、魚介類などを原因として発生する腸炎ビブリオ菌が約半数を占め、そのほかに汚染された肉(特に鶏肉)に付着したカンピロバクター菌、卵・肉に潜んでいるサルモネラ菌、化膿した傷や荒れた手に付着している黄色ブドウ球菌などがあります。最近では、腸管出血性大腸菌O157による患者も増加しています。

食中毒予防には、「細菌を付けない」「細菌を殺す」「細菌を増やさない」の三つが大原則です。その具体的内容としては、生鮮食品は新鮮な物をよく選んで買い、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。肉、魚、野菜などの食材はそれぞれ別々に保存しますが、早めに食べてしまうことが大切です。包丁、まな板、食器、ふきん類は清潔にしておき、なるべく熱湯消毒をして使用します。

調理するとき、肉、魚、野菜などの食材はそれぞれ別に洗い、加熱して食べる食品は、中心部の温度が75℃以上で1分間以上加熱することを目安とします。調理したらすぐに食べ、室温で長く放置しないことです。ちょっとでも怪しいと思ったら、食べないで捨てる心構えが大切です。

それでも、もし腹痛や下痢などの症状がみられたら、できるだけ早く医師の診察を受けてください。