帯下(おりもの)について
帯下の増える病気はいろいろありますが、そのうちで特に多いのがトリコモナス膣炎とカンディダ膣炎です。

トリコモナス膣炎とは、トリコモナスという小さな原虫が膣内に感染して膣炎を起こすもので、多量の膿のような帯下が出てきます。悪臭のあることもあり、外陰に痒みを訴えることもあります。

次にカンディダ膣炎ですが、化膿止め(抗生物質)を使った後に発生することが多く、カンディダ(カビの一種)が膣の中で増えて炎症を起こしたものです。酒かす状の帯下があり、膣壁、外陰の所々に苔を生じ痒みが特に強いものです。妊婦にも多く発生します。

この二つの膣炎とも特効薬があり、膣坐剤、内服薬、軟膏等でよく治ります。しかし性交により感染することが多く、必ず夫婦同時に治療しなければ後でまた再発する可能性があります。

また、帯下に軽く血液が混じることがある膣炎で多いのが老人性膣炎です。閉経後によくみられるもので、膣上皮に点状又は斑状の出血点を生じ、そこより軽く出血します。大抵の人は子宮癌と思い込み、大慌てで婦人科を受診するものです。これは卵巣の働きが衰えたために起こるもので、女性ホルモンを投与すればすぐよくなります。

その他性交時に出血して子宮癌と思い心配するのが、子宮膣部ビランと子宮頚管ポリープです。前者は子宮の入り口にただれ(ビラン)があって擦過により出血したものです。後者は子宮の口に出来た主に米粒位の腫瘤で炎症などがあるとよく出来ます。いずれも良性のもので簡単に治療出来ます。