ホルモン補充療法とは?
更年期以降に急激に減少する女性ホルモン(エストロゲン)を薬剤で補うことにより、更年期以降のさまざまな障害の治療や予防をする方法をホルモン補充療法といいます。

閉経後のエストロゲン分泌の低下した女性に起こる障害として、更年期障害(のぼせ、発汗、不眠、頭痛、熱感)のほかに、閉経1〜2年後には膣炎や膀胱炎が起こりやすく、約10年後には、骨粗しょう症になることが多かったり、コレステロール値が高くなることが最近分かってきています。

気になる副作用としては、女性ホルモンを投与しているわけですから当然ともいえますが、閉経したのに生理の時のように出血が起こることがあります。また服用中にも不正出血が起こることがあります。これはホルモンのバランスを体が調節しているためです。

新しいホルモン補充療法を受ければ、がん(子宮体がん、乳がん)になる率が、無治療の女性よりも低くなるという報告もあります。新しいホルモン補充療法とは、エストロゲンだけを服用するのではなく、もう一つの女性ホルモンである黄体ホルモンを同時に服用する方法です。

子宮がん、乳がん検診を受けながらホルモン療法で豊かな生活をされてはいかがでしょうか。