月経痛と子宮内膜症
月経痛を起こす病気の代表に子宮内膜症があります。その特徴は年とともに次第に強くなる痛みです。子宮内膜症では月経痛以外に、便をする時とか、性交をする時も痛みが起きます。さらに腰痛を訴える人もいます。また不妊の原因になることもあります。20代〜40代の女性が中心で、閉経になると治まります。

もともと子宮内膜は子宮の内側にありますが、そこを離れて卵巣などほかの場所で増殖してしまうために起こる病気です。そのはっきりした原因はまだ分かっていません。ガンのように悪性のものではありませんが、日常生活に支障を来すようになれば治療をする必要があります。

治療としては手術療法とホルモン療法があります。どの方法を選ぶかは、年齢や、妊娠を希望しているかどうか、内膜症の進み方などによって決まりますが、詳しいことは専門医にご相談ください。