冷あるいは温

地球温暖化が叫ばれていますが、その話ではありません。けが(打撲、ねんざ、脱臼、骨折など)をした後によくある質問についてです。

けがをすると局所に疼痛、腫脹、発赤、発熱などの症状が表れます。特に後二者からも判断できますが、まず“冷やす”ことが大切です。逆に温めると、火に油を注ぐようなもので症状は強くなり禁止事項(禁忌)となります。

なぜ冷やすと良いのでしょうか。冷やすことで、血管が収縮し、はれを押さえ、まひ作用から痛みを減らし、また損傷部位の拡大を防ぐこともできます。症状が軽減するとともに、治癒を早める効果もあります。

ただ、冷やし過ぎて凍傷を生じないように注意が必要です。冷やす期間はどれほどが良いかといえば、急性期の二日間ぐらいとされています。この時期、冷やすことに加えて患部の安静、高挙、圧迫などを行うとより効果的です。

なお、急性期の二・三日が過ぎても、疼痛、腫脹などが続いていれば、今度は逆に“温める”ことが効果的です。温めて循環を良くし、痛みやこわばりを早く吸収させるようにすることが基本となります。

冷湿布、温湿布という名称がありますが、湿布の効能は経皮的な消炎鎮痛作用が主であり、けがの急性期を除いて、湿布の冷温にはあまりこだわらなくても良いと思います。