岡山医師協同組合労働保険事務組合

労働保険事務組合とは・・・
  労働保険事務組合とは事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理する
  ことについて、厚生労働大臣の許可を受けた団体です。
・労働保険の加入手続き
保険関係成立届、雇用保険設置届の提出に関する事務
・雇用保険の手続き
雇用保険資格取得、資格喪失の届出、離職票の作成など
・労働保険料に関する手続き
概算保険料、確定保険料の申告および納付に関する事務
・労災保険の特別加入の申請に関する手続き
・その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務一切

特別加入制度

  労災保険はもともと労働基準法上の労働者の労働災害に対する保障を目的とした制度で、
  本来事業主等は保護の対象とはなりませんが、以下の二つの要件を満たしていれば加入
  することができます。

@雇用する労働者について労働保険関係が成立していること
A労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること

※岡山医師協同組合労働保険事務組合の委託範囲は岡山医師協同組合の組合員のみとなります。

お知らせ

平成19年10月1日以降より雇用保険法が変わりました
↑厚生労働省より発行のリーフレットをご覧ください。
1. 雇用保険の受給資格要件が変わります。
2. 育児休業給付の給付率が50%に上がります。但し、平成19年3月31日以降に職場復帰された方から平成22年3月31日までに育児休業を開始された方までが対象です。
3. 教育訓練給付の要件・内容が変わります。

平成20年4月1日施行〜パートタイム労働法が変わります!〜
↑厚生労働省より発行のリーフレットをご覧ください。