アルコール肝障害
アルコール消費量の増加につれてアルコールに原因した肝臓の病気が多くなっています。飲酒に際しては、その量が問題になりますが、清酒に換算して毎日3合以上を5年以上続けている者を常習飲酒家、毎日5合以上10年以上続けているものを大酒家と言っています。

アルコールは薬物であると同時に大きなカロリー源となること、また、これが体内ではほとんど肝臓で代謝されることを知っておかなければなりません。従って、アルコールの常習は肝臓の負担を増し、脂肪をはじめいろいろな物質の代謝障害を引き起こし、脂肪肝その他の変化を来しますし、これが進行しますと肝硬変になってまいります。

症状としては他の肝障害と同様ですが、例えば食欲がなくなる、体がだるくなる、吐気がする、体重が減る、下痢をする、肝臓が腫れる、胸にクモ状の血管腫ができる、手掌が赤くなる、腹が張る、黄疸が出る、などです。

このようにアルコール肝障害を起こした人に禁酒を守らせることは容易ではありませんが、常習飲酒をもたらした種々の社会的環境因子を解析して指導することが大事で、肝臓の治療を行いながら、場合によっては精神科医の協力のもとに禁酒の治療を行わなければなりません。