低眼圧緑内障
緑内障は昔から「あおそこひ」と呼ばれ、失明に至る眼の病気の代表的なもののひとつとして一般にも良く知られています。緑内障とは、眼圧の高くなる病気であり、非常に稀に眼圧の高くない低眼圧緑内障も存在するとされていました。

しかし、最近ではこの低眼圧緑内障が案外多いことがいろいろな検査法の発達によりわかってきました。低眼圧緑内障も含めて一般に緑内障は自分でおかしいと気づいたときは既にかなり進行してしまっていることが多いため、自覚症状がはっきり出る前に、できるだけ早期に発見することが必要です。

緑内障の早期発見のためには、眼科医による丁寧な眼底の観察が最も重要です。眼底検査により少しでも視神経に異常がみつかれば更に視野の精密な検査や隅角検査等の専門的な検査が必要です。こうした検査で早い時期に見つけることができれば、緑内障をうまくコントロールして良い視力を保つことができます。

一般的には低眼圧緑内障であっても、眼圧を更に低い値に保つため目薬を用います。それでも効果のない時には飲み薬も用います。目薬も飲み薬も効果のない場合、レーザーやメスを用いて手術を行います。40代以後は眼科専門医による定期的な眼底検査を受けましょう。