コンタクトレンズ
かなり多くの人がコンタクトレンズを用いるようになり、今後も装用する人が増加していくと思われます。

コンタクトレンズの種類は、大きく分けると硬いハードレンズと軟らかいソフトレンズがあります。最近ではハードには酸素透過性のあるレンズも用いられています。また、ソフトでは連続装用の可能なレンズもできてきました。多くの場合は近視、遠視、乱視などの屈折異常に対して視力の矯正のために用いられていますが、白内障の手術後の視力矯正に用いられたり、角膜の病気の治療のために用いられることもあります。

  多くの人、特に女性ではメガネをかけるのがいやでコンタクトレンズを用いていますが、強い度の近視や乱視ではメガネで視力矯正が困難なためコンタクトレンズ、特にハードレンズの適応となります。

コンタクトレンズは角膜(黒目)の上に装用するものですから、取り扱いが悪いと傷ができたり、角膜炎を起こすことがあります。合わせる時は眼科の専門医の診察を受け、結膜、角膜、その他眼の病気がないことを確かめたうえで、屈折、内膜など検査を行い、正確に合ったレンズを作ってください。

よく合ったレンズを作り、消毒、再検査など取扱いを正しくして使用してください。