コンタクトレンズを安全に装用するために
コンタクトレンズは、眼の中に入れて視力を矯正しますので、無理な装用や汚れたレンズを入れていますと、角膜(黒目)を傷つけ、感染症を引き起こし、視力障害を残すことがあることを忘れてはいけません。

レンズをきちんと洗浄しているつもりでも洗い流された汚れがレンズに蓄積されて、眼痛、充血、かすむ等の自覚症状となって現れます。

ハードレンズの場合は、このような自覚症状が現れたら眼科の診察を受けてください。

ソフトレンズの場合は、角膜に傷が付いているのに痛みを感じないで手遅れになることがあります。自覚症状があればすぐに受診しなければいけません。なくても3か月に一度、連続装用のレンズは1か月に一度の定期検査を受けるよう心がけてください。そして大切なことは、毎日コンタクトレンズの装脱の前後に、黒目(角膜)のまわりに充血がないか、眼痛はないか、レンズを入れたらよく見えているか、レンズをはずした直後、近視の方は手もとのボケ即ちスペクタクルブローがないかをチェックする習慣をつけます。障害の早期発見に役立ちます。