老眼(老視について)
40歳を過ぎて、読書をしていて遠くを見るとすぐにピントが合わない、離さなければ字が読めない、辞書の小さな字が読めなくなる、これが老眼です。また、自分は近視だから老眼にはならないと思っていた人も、眼鏡を外さないと読みにくくなる、これも老眼です。

老眼は、誰にでもやってきます。こうなったときは我慢せず、眼鏡を使うのが賢明です。眼鏡を使うと度が進むと思って、眼鏡を使わない人がいますが、老眼の程度は眼鏡使用に関係なく年齢とともに進み、60歳から70歳で必ず停止します。無限に進行することはありません。眼鏡を使わず我慢することは、眼精疲労の原因になり、仕事の能率が落ちる一因にもなります。

老眼世代の眼鏡としては、近用、遠近両用、中近用などがあり、これらを上手に使い分けることで、より快適な生活を送ることができます。眼鏡も進歩し、おしゃれにもなっています。また、視力の低下を老眼だと思って放置しておいた人の中に、緑内障や白内障などの病気の人にも混じっています。見えにくくなったときは、検診も兼ねて、一度眼科で相談してみてください。