コンタクトレンズ豆知識

コンタクトレンズ(CL)は、最近、非常な勢いで普及し、国内で約1,000万人以上の人が利用しています。

患者さんの中には、眼鏡を作らずCLを希望する人がいますが、一般的には、まず不自由なときだけ眼鏡を使用して、眼鏡を使用する時間が多くなったときに、希望によりCLを作成することがよいと考えます。

年齢的には、小学生のうちはなるべく眼鏡を使用し、中学生になってCLを使いたくなったときに、眼科専門医を受診してCLを使ってよい目かどうか診察を受け、使用目的に合ったCLを作ります。CLには、ハード、ソフト、使い捨てレンズなどいろいろな種類のレンズが販売されていますが、近年、使い捨てCLが装用感、扱いやすさ、度数変化への対応などから人気があるようです。

CLのトラブルの原因として、処方に問題、不注意な取り扱い、涙の分泌不足、まばたきの不完全などが挙げられます。処方レンズのカーブと黒目のカーブが合わなかったりすることで黒目に傷ができたり、レンズの消毒や汚れの付着の除去をしないで装用したためなどにより黒目を傷つけることもあります。また、CLがよく合っていても、装用を不規則にしたりするとトラブルの元になります。

CLを使用している人は、必ず眼科専門医で白目、黒目、視力などに異常がないか定期検診を受けてください。また、異物感など普段と違うことが起きたら、CLを外して早めに眼科を受診しましょう。