とびひ(伝染性膿痂疹)
夏になるといろいろな伝染性皮膚疾患が増加しますが、そのひとつにとびひがあります。とびひは化膿菌の一種であるブドウ球菌が皮膚の表面について起こり、正しくは伝染性膿痂疹と言われます。

乳幼児に伝染しやすく、症状は米粒大から硬貨大までの赤いびらん(ただれ)や水ぶくれが体のあちこちに出現します。分泌物は乾くと黒褐色のかさぶたになることもあります。この分泌物の中には、たくさんのばい菌(ブドウ球菌)がいるので、汗がつくと体のあちこちにまるで火の粉が飛び散るように拡大するので、昔から飛び火の俗称で親しまれております。頭から手足まで、体の至る所に出現しますが、特に鼻口のまわりが好発部位です。虫刺されや擦りむき傷に菌がついてとびひになることもありますから、それらがいつまでも治りにくい場合は注意を要します。

また、水ぼうそうのように一度かかると免疫ができるというものではなく、毎年かかる子供もあります。治療は、軟膏だけでは不十分で抗生物質の内服が必要です。

他の子供へも伝染しやすく、治るまで学校や保育園などを休まなければなりません。