鼻づまり
鼻づまりが続くと、次のような症状、病気を引き起こすことがあります。

1. 口で呼吸しますので、「のど」が乾いたり、咽頭、喉頭の炎症を起こしたりします。

2. 頭痛、頭重を起こし、集中力や思考力が低下します。

3. におう働きがにぶくなり、ご飯を食べてもおいしくなくなります。

4. 中耳から出ている耳管が鼻の奥の方に開口しています。その耳管の通りが悪くなり、滲出性中耳炎や急性中耳炎を起こし、耳痛や難聴を来たします。

5.「いびき」を起こしやすくなり、最近問題になっている「睡眠時無呼吸症候群」を合併することもあります。

6. 副鼻腔炎(蓄膿)を起こし、眼の内側にある蜂の巣のような穴(副鼻腔)に膿がたまり、眼が痛くなったり、たまに視力障害を来たすことがあります。

7. 鼻声でこもった声になり、発音が不明瞭になります。

「鼻づまり」を起こす病気で、最近特に多いのはアレルギー性鼻炎です。「鼻づまり」の治療法として、保存的療法、手術的療法がありますが、いずれにしても、専門医に診てもらって「鼻づまり」を治して、快適な生活を過ごすようにしましょう。