便 秘
便秘とは大便が長いあいだ腸管内にとどまり、水分が吸収されて硬くなり、排便に困難を伴う場合で、排便の回数には個人差が大きく、回数が少ないのみでは便秘とは言いません。

便秘に伴う症状として腹痛、腹部膨満感、食欲不振などのほか頭重感、疲労感などの愁訴もあり、排便後に下痢になることもあります。

便秘の大部分は大腸の機能的異常に基づくもので、痙攣性便秘、弛緩性便秘、排便困難に分けられます。

痙攣性便秘の代表的なものは過敏性大腸症にみられ、下部大腸の緊張の亢進のため痙攣性収縮を来たし、蠕動運動が阻害され便秘を起こすもので、小さくコロコロした便となります。強い精神的興奮や旅行などの場合に見られる神経性便秘もこれにあたります。

弛緩性便秘はアウエルバッハ神経の興奮が不完全で、大腸全体の蠕動運動と緊張の低下のための便秘で、太くて硬い糞便となります。

排便困難は直腸性便秘とも言い、直腸に糞便が入っても骨盤神経による排便反射が鈍麻しているために排便が起こらないもので、故意に排便をがまんしたり、痔痛のため便意を抑制したりすると起きます。

その他に器質的大腸疾患(がんなど)や全身性疾患でも便意が起こることがありますので、かかりつけ医に相談し、検査を受けましょう。