ひきつけ(けいれん)たときには
初めてのひきつけ(けいれんも同じもの)の時には、母親は度を失ってしまいます。熱が原因でひきつけることは赤ちゃんにはめずらしくありません。

ひきつけた場合には、ほとんどは5分以内で止まるものが多いので、病院に走る必要はありません。発作が止まってから病院に行っても遅くはありません。

まず、衣服をゆるめ、刺激しないように静かに寝かせます。口から唾液を出したり、吐き気があることが多いので首を横向けにし、ガーゼや柔らかい布で口の中の分泌液をぬぐいます。

昔から舌をかまないように口の中に割りばしを入れたりしていましたが、これはほとんどの場合不要で、かえって発作を長引かせることもあるようです。発作(ひきつけ)が15分以上も止まらない時は、原因が脳にあることがあり、直ちに医師を受診する必要があります。

また、かかりつけの医師と相談して、ひきつけの後で脳波の検査を受けてみてください。赤ちゃんでも脳波は簡単にとれます。また、予防注射はどのようにしたらよいかを相談されるとよいと思います。