五月病
いよいよ春たけなわです。新入学生やまた進級した人も1か月くらいたちますと、新しい環境のストレスや疲労の蓄積でいわゆる「五月病」という状態になる人がよくあります。

特に厳しい受験戦争をくぐりぬけてきた高校生や大学生に、一種の虚脱状態として現れやすいようです。

単なる疲労は十分な睡眠、安静、栄養で回復し問題ありませんが、主として精神的な原因による不登校(幼稚園児から大学生まで)が間々あります。

これにはいわゆる「登校恐怖」とかいわゆる「登校拒否」があって、過保護や、両親との交流に乏しいなどと原因は複雑ですが、なかには精神疾患の潜んでいる場合もあり軽視できません。精神疾患にもやはり手遅れということがありますから、早めに専門医に相談することが大切です。

ヤングらしく生き生きと「五月病」などのかからぬように勉学に運動に励んでください。