仮面うつ病
全身倦怠感、疲れやすい、食欲不振、不眠、体重減少、頭が重い、頭痛、くびすじの凝り、口の渇き、下痢、便秘、心悸亢進、胸部苦悶感、尿意頻数(特に神経緊張の際)、性欲減退等の症状があり、病院を訪れてX線検査、心電図、血液その他あらゆる検査を受けても、訴えに相当する異常が見つからないという方がおられると思います。

内科では自律神経失調症ですな、婦人科では更年期障害かもしれませんと言われ、最後に神経科へ行ってみてはと言われ、そこで初めて身体的自覚症状の裏側に、気力がない、何をするのもおっくう、時々ふっと死んでもいいような気になる、人を避けがちである等、近頃の自分の精神状態が思い出されてまいります。その人の病気は、実はうつ状態の表現であったのに、身体的自覚症状におおいかくされて本人にも周囲の者にも見えなかったのです。

こういうのを「仮面をかぶったうつ病」という名で「仮面うつ病」と呼ばれていますが、教科書に載っているような正式の病名でなく、一種のアダ名です。近頃こういうタイプのうつ病が増えており、しかも老人にもみられます。幸いこの病気に対しては、副作用が殆どなくて卓効を奏する薬で軽快する方が多く、しかも、薬に対して習慣性がないので喜んでおられます。ただ本当のうつ病は、専門の先生と相談してください。