老人性白内障
年をとってから起こる目の病気はいくつもありますが、最も多いのが白内障です。白内障とは、水晶体(カメラではレンズにあたる)に混濁がくる病気です。年をとるに従って水晶体が濁るのが老人性白内障です。

初期は水晶体の周辺部から混濁するために、何となく目がかすむ、目の前に蚊のようなものが飛んでいるといったような症状が起こってきますが、視力にはほとんど影響はありません。混濁が水晶体の中央部に広がると、自覚的に視力障害を訴えます。

水晶体が混濁してくる原因はその他いろいろあります。生まれつきのものは先天性白内障です。目のケガで起こるのが外傷性白内障、目の病気によるのが併発白内障、糖尿病の時起こるのが糖尿病性白内障、放射線障害によるのが放射線白内障で、原爆白内障もこの一つです。

白内障の治療は、初期には点眼薬、内服薬、漢方薬などを使用しますが、これは一度濁った水晶体を透明にするのでなく、進行の速度を遅くするものです。手術治療は手術方法が進んだため、その人の生活に必要な視力がなくなったら、手術を受けるのがよいと思います。最近は、水晶体摘出と同時に、眼内レンズを挿入する方法が主流になっていますので、専門医に相談して、適切な方法を受けてください。