重複投与
一人の患者さんが、同じ時期に複数の医院で診察を受けている場合、よく使われる抗生物質や鎮痛剤など、同じ薬効の薬がそれぞれの医院で処方されることを「重複投与」と言います。これは、各医院の医師がほかの医院で処方する薬の内容を知らされていないために起こるわけですが、もし患者さんがすべての薬を忠実に飲むとすれば、通常の倍量飲む可能性もあります。副作用や相互作用のことを考えればこれは危険なことといえます。

重複投与を防ぐためには、できるだけ1か所で薬をもらい、飲む薬のすべて(市販薬も含めて)を管理してもらう必要があります。

現在、岡山大学医学部附属病院や国立岡山病院、岡山労災病院などの処方せんを発行している病院が、患者さんが自宅近くのかかりつけ薬局で薬を受け取るよう、ファックスで指導しているのもこのためです。

慢性疾患の治療薬の中には、勝手に薬をやめると症状が悪化するものもあれば、ほかの薬にほとんど影響を及ぼさないものもあります。

普段から自分の飲んでいる薬をよく知っておくこと。また、かけ持ちで診療を受けている場合は、すでに飲んでいる薬を医師か薬剤師に知らせておくことなどで、重複投与を防ぐことができます。