ドーピングってなんだろう

ドーピングとは、記録をよくするために禁止された薬物などを使用することです。もちろん、国際的にも薬物を使用して筋肉を強化したり、興奮剤などで運動能力を高めることは禁止されています。スポーツは人間の持っている運動能力を最大限発揮して、正々堂々と競うもので、不正をして勝利しても何の価値もないのです。そればかりか、筋肉増強剤などは一時的には強くなれても不幸にして命を縮めたり、ときには死に至ることもあり、大変危険でもあるのです。

また、ドーピングして勝利しても検査の結果、薬物などを使用していることが判明すれば競技失格で選手生命すら奪われてしまいます。絶対にしてはならないことなのです。

岡山での国体でもドーピングが厳しく注意されます。国体の出場選手がもし世界記録を出したとしても国体自体がドーピングを厳しく取り締まる大会でなければ、世界的評価を受けることができません。

今後、国体競技を権威あるものにする為には必要なことなのです。また、注意しなければならないことは「うっかりドーピング」の危険性です。風邪や疲れの治療目的で飲んだ薬のために検査に引っかかることもあるのです。せっかく頑張ってきたのに努力が無駄になってしまいます。

スポーツに頑張っている人たちは「ドーピング」について勉強していく必要があると思います。スポーツは正々堂々が基本ですよね。