大きくとるか、小さくとるか

癌の外科療法は、元来根治性(癌のある部位をすべてきれいに切除する)と安全性を追求して改良されてきました。それに加えて最近では、Quality of Life(QOL=術後の生活の快適さ)も求められるようになりました。術後のQOLをよくしようと思えば小さな手術創、切除する臓器の量をできるだけ少なくすることが必要になります。

一つには、近年の内視鏡下手術の開発・進歩が術後QOLの改善に大いに役立つようになりました。胸腔鏡手術、腹腔鏡手術といわれるものがそれですが、これは胸部または腹部に数か所の穴を開けて、そこから管を入れ内部をビデオに写してその画面を見ながら手術を行うものです。

最初は、胆石症に対して胆嚢のうを切除するのに使われていましたが、現在では、胸部で肺癌や自然気胸の手術、腹部で胃癌や大腸癌、外科以外でも婦人科、泌尿器科の手術にも多用されています。大きく開けないため内臓を保護したまま手術ができ、術後の回復も良好です。

一方、離れた臓器に飛んでいなくて、癌ができた場所に大きく進行したものでは従来の方法より広い範囲を切除することで、根治性を高める必要があります。胃癌、直腸癌などで周囲の臓器と全部を一緒にとるという方法がとられています。

大きくとるか、小さくとるか、いずれにしても技術を備えた優秀な外科医が必要です。幸い岡山には優秀な外科医がそろっていますので、もしものときは、かかりつけ医に相談するといいでしょう。