C型慢性肝炎とは

肝臓の病気は自覚症状が少ないため自分では気付かないことがあります。気を付けなければならないのがウイルス性慢性肝炎、その中でもC型慢性肝炎です。これは血液・体液を介して人から人へと感染します。感染してもそれと気付かず、ウイルスを持ち続けるので、ウイルスキャリアとも言われます。

C型慢性肝炎では、肝臓の細胞が少しずつ壊れ、硬い線維が増えていきます。その結果、軟らかかった肝臓が少しずつ硬くなっていき、最後には肝硬変といわれる硬い肝臓になります。肝硬変になると肝臓の働きが落ちて、腹水がたまったり黄疸が出たりします。肝硬変になった肝臓は二度と元には戻りません。また肝硬変では肝臓がんが発生しやすくなります。

C型慢性肝炎でもっとも大切なことは肝硬変に進行させないようにすることです。治療法の進歩、とくにインターフェロンやほかの抗ウイルス剤の登場により、C型慢性肝炎は治すことができるようになりました。肝硬変や肝臓がんに進行させないよう、肝臓病専門医に相談しながら肝炎を治しましょう。

また新しくC型慢性肝炎にかからないようにする注意も必要です。血液・体液を介して感染するので、ボディーピアスの交換なども感染の危険があるので避けましょう。