子宮筋腫
子宮筋腫は、子宮がどんどん大きくなり、固くなったり、瘤をつくったりする病気ですが、がんのように悪性ではありません。

この病気の自覚症状としては、生理の量が異常に多く、血塊がまざり、生理痛が強くなることです。生理の量が多くなると、次第に貧血になり、動機が起こり、疲れやすく、2階の階段が昇れなくなったりします。

この病気の発生年齢は30歳代で、原因は女性ホルモンの代謝障害によるといわれています。ある番組で子宮筋腫の治療は保存療法で治ると手術療法を否定した放送をしていましたが、これは全く間違いです。生理過多が続き、強い貧血の筋腫婦人は、手術以外で治すことはできません。また、筋腫が原因の不妊症の婦人は、子宮を全部摘発するのではなく、筋腫の瘤だけを摘出することもできます。