女性の出血
女性性器からの出血で、正常な月経とか分娩時などの生理的な出血以外を、不正性器出血と呼び、それが多量の場合、女性ホルモンの分泌異常や子宮筋腫による過多月経・流早産や外傷などが原因としてあげられ、痛みなどの症状には関係なく早急な止血が必要です。

出血が少量の場合は、外陰部はもちろん膣・子宮・卵管・卵巣など出血部位はさまざまで、痔とか尿道出血など女性性器出血かどうか判断がつきにくい場合もありますが、下着などがあればある程度診断が容易になります。

また、出血がある間に診察を行えば多くは出血部位の診断は簡単ですが、いったん止血してしまうと診断は困難になり、色合いとか濃さや出血に混入していたもの(特に形のあるものがあれば大切です)のほか、痛み・発熱の有無、薬物(特にホルモン剤)の使用や、出血の時刻・何度も繰り返しているなど反復性があるのかなど、出血時の状況をつぶさに調べて診断します。また、その日が月経何日目かも重要です。

異常出血と思われる中にも実際は放置して良い正常出血もありますが、多くは治療が必要です。中にはがん、腹膜炎とかの重症疾患の初期も含まれていますので、自分で判断せず早急に専門医にご相談ください。